×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白ニキビは毛穴の中に古い角質や皮脂がたまってしまっている状態


白ニキビ

白ニキビというのは閉鎖面皰といわれているニキビの状態の中では一番初期の状態のニキビのことを言います。毛穴が閉じている皮膚の表面に発疹が出来ることを言います。白ニキビは、毛穴の中に、古い角質や皮脂がたまってしまっている状態のことを言います。見た感じでは普段の皮膚の色と変わりがないので、白ニキビといってもなかなか見分けがつかないのが現状です。白ニキビの中に、アクネ菌が沢山増えて炎症を起こしてしまうと赤ニキビに悪化してしまいます。ですから白ニキビを見つけた段階ですぐにニキビへのケアをしておけば赤ニキビに進行することなく事前にニキビを食い止めることが出来るのです。

白ニキビの全く逆の症状で毛穴が開いてしまっていてコメドと呼ばれる角栓が毛穴に詰まってしまっている状態のニキビを黒ニキビと呼ばれています。白ニキビの場合には、すぐケアすることでニキビをこれ以上ひどくさせないことが出来ますから、なかなか白ニキビはわかりにくいですし、見つけにくいとは思いますが、肌に異変を見つけた時点で白ニキビをケアしておけば炎症を起こすニキビに発展しなくてすむのではないでしょうか。体質によっては白ニキビどまりでニキビの炎症がおさまってしまう人も中にはいます。

ニキビの外用薬

ニキビの治療には外用薬を使う場合があります。ニキビの外用薬には二種類の作用があって、ニキビの原因になっている皮脂を皮膚の表面に排出することを促進するの作用があるニキビの外用薬と、ニキビ菌の数を減らすためのニキビの外用薬の二種類に分けることが出来ます。ニキビの外用薬で、皮脂を表面に出すことを活発にさせる外用薬の場合には角質溶解作用や脱脂作用があるニキビの外用薬が用いられます。またニキビ菌の数を減らすために使われるニキビの外用薬は抗菌剤などが含まれているニキビの外用薬です。ニキビの外用薬にはこのように二種類の作用があるものが一般的です。

市販でもニキビの外用薬は販売されていますが、ニキビの症状がひどくなってから使用するのではなくて、ニキビが出来始めたころからニキビの外用薬をつけはじめると早めにニキビの症状を抑えることが出来るともいます。ニキビの外用薬は人によっては合わない場合もありますから数日使ってみて、もしニキビの症状が治らないようなことがある場合には、ニキビの薬があっていない可能性もありますから一度ニキビの薬を変えてみるか皮膚科に行ってみてニキビの相談をしてみるといいのではないでしょうか。

ニキビが出来やすい体質

ニキビは出来やすい体質の人とニキビができにくい体質の人がいるといわれています。ニキビは日本人は欧米人と比べると重症のニキビが少ないといわれています。その理由として食生活が原因とも言われています。日本人の食生活は欧米に比べると肉料理が少ないといわれていますが、最近では日本も欧米の食生活になりつつあるので、ニキビの原因となる皮脂を沢山摂取しているとも言われています。ですから脂っこい食事を好んで食べる人はニキビになりやすいといわれていますし、毎日沢山のミルクを飲んでいる習慣のある人はニキビが重症になりやすいとも言われています。ニキビが出来やすい体質というのは食生活環境が関係しているといわれています。

また、副腎皮質ホルモン剤を内服している人はニキビになりやすいといわれているのですが、これはホルモンのバランスが関係しているためにニキビが出来やすいといわれています。ニキビができやすい体質の人は肌が脂性の人が多く、皮脂が活発に分泌されているということがニキビが出来やすい人の体質とも言えるのかもしれません。ニキビが出来やすい体質の人は比較的思春期に限らずニキビが出来るといわれていて大人になってもニキビが治らないことが多いようです。

ニキビの種類

ニキビには種類があるのですがニキビの種類について紹介したいと思います。ニキビの種類はニキビが発症してから治るまでの症状の悪化の段階によって種類が分かれているといわれています。ニキビの種類には、白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、黒ニキビに分けられています。まずは一番初めの段階の白ニキビですが、毛穴が閉じたままの皮膚の上に出来るニキビでまた、赤みもなく、発疹がぽつぽつっと出来ている状態のニキビです。そして赤にニキビというのは皮膚の上に赤い発疹が出来ているニキビの事で、赤ニキビは皮脂が過剰に分泌することによって毛穴が詰まってしまって、炎症が起きて赤いニキビになるといわれています。

そして黄ニキビと呼ばれるニキビですが黄ニキビは赤ニキビがもっと悪化してしまった状態のニキビのことを言います。これはニキビで言うと最終段階のニキビとも言える膿がたまってしまっている状態のニキビのことを言います。そしてニキビの種類の黒ニキビと呼ばれるニキビは、角質と皮脂が混ざったことで酸素に触れて酸化してしまったために、毛穴が開いて角栓の先が黒く見えてしまうニキビの事です。このように、ニキビは段階によってニキビの種類が四つに分かれているのですが、どれもそれぞれ症状が違っていますので出来るだけ白ニキビのうちに対処したほうがニキビが治りやすいと思います。

黄ニキビ

黄ニキビというのは赤ニキビが悪化した状態のニキビのことを言います。赤ニキビよりも悪化して黄ニキビになったニキビはニキビの一番最後の団塊とも言われていて、膿腫という別名もつけられています。ニキビが赤くなって腫れて炎症を起こしていて、毛穴の見ると毛穴の中には黄色っぽいクリーム色をしている膿が溜まっていて、腫れてしまっているニキビの状態を黄ニキビといいます。黄ニキビにまでニキビが悪化してしまった場合には、ほとんどの場合が真皮まで傷ついてしまってなかなかニキビの炎症が治った後も、ニキビの後がクレーターのように残ってしまうといわれています。

ニキビの後がクレーターのように残った後には紫外線の刺激などによって色素沈着となって赤い色をしたシミや茶色のシミが残ってしまうといわれています。黄ニキビの場合には、真皮が傷ついてニキビ跡のクレーターが出来てしまうことが多いのですが、このクレーターになってしまったニキビ後は、自分でケアをしても、なかなか元に戻すのは大変だといわれています。ニキビを黄ニキビまで悪化させないように日ごろからケアをして、ニキビができたら、黄ニキビまで悪化させないようにしなければいけません。

思春期ニキビ

思春期ニキビというのは一般的にいう、ニキビの事です。ししゅんきニキビは、大体9歳頃から18歳ごろの第二次性徴ホルモンのバランスが原因で起きるニキビだといわれています。第二次性徴期には、ホルモンが分泌され始めますから、それによって皮脂の量が増えていくといわれています。皮脂の量が増えるということは増えた皮脂を栄養分として、アクネ菌が増えてニキビが沢山出来るといわれています。また、この時期には夜更かしをしたり、不規則な生活をすることで、ニキビが出来るとも言われています。夜更かしだけでなく、偏った食生活や生活のリズムもニキビの原因になっています。

思春期ニキビというのは年齢が経ってホルモンのバランスが安定すれば自然にニキビの数が減ってきて治まるといわれているのですが、体質によっては思春期ニキビがそのまま大人ニキビにあってしまう人も多いといわれています。思春期ニキビの場合ほとんどの人は一過性のもので、時期が来ればニキビがなおるといわれていますから思春期特有の悩みの一つとして治療もそれほど真剣に行われないようですが、思春期ニキビがそのまま、大人ニキビになった場合には、美容整形外科などへ行ってニキビの治療をする人が多いといわれています。

ニキビとストレス

ニキビとストレスについて紹介したいと思います。ストレスというのはニキビの原因の一つになっているといわれています。例えば、野球選手の松井選手はニキビ肌ですが、デビューした当時には、打撃不振が数日続いていたころ、きっとストレスがたまったのがニキビが増えていたと有名でした。ストレスがニキビの原因になぜなるのかというと、ストレスがかかってしまうと、体は緊張状態が続いてしまいます。それによって血流がわるくなってしまうのですがそうなると男性ホルモンが多く分泌されるようになります。男性ホルモンが多く分泌されるようになると皮脂に分泌が活発になってニキビの原因になるというわけです。ストレスがたまるとホルモンのバランスが崩れるので、それによって、ニキビも発症されるといわれています。

ストレスをためないことがニキビを防ぐ方法になります。何か自分でストレス発散になるような趣味などを見つけることによってニキビが出来るのを防ぐことが出来ます。ニキビが出来たことを悩んでしまってストレスがかかってしまうと、それによってまたストレスがかかって、またニキビが出来ます。それを悩んでまたニキビが出来るとまたストレスがたまってしまって悪循環になるということがありますから注意しないといけません。

ニキビと遺伝

ニキビと遺伝について紹介したいと思います。ニキビに悩んでいる人のニキビの原因というのはニキビの体質だといわれています。ニキビの体質というのは皮脂が多い体質、ホルモンのバランスが崩れやすい体質、内臓が弱い体質など、ニキビの原因になる体質というのは色々あります。ニキビの体質を自分でかえるのはなかなか大変なことなのですが、ニキビは遺伝するといわれています。ニキビが遺伝するのではなくて、ニキビが出来やすい体質が遺伝するといわれているのです。

ニキビになりやすい体質が遺伝する場合、例えば、ニキビになりやすい食生活をしていたり、生活習慣がニキビになりやすい生活習慣だといわれています。しかしニキビは体質の遺伝だからといってあきらめることなく、食生活を見直したり、生活習慣を見直したりするだけでニキビ体質を改善することが出来ますし、スキンケアに気をつけるだけでニキビの改善が出来ますから遺伝だからとあきらめないで日々のケアをきちんと行うようにしたいものですね。ニキビと遺伝はとても関係があるように見えますが、ニキビ自体が遺伝するわけではないですし、体質が遺伝するだけですから体質はこれからなんとでも改善することが出来ます。

ニキビと内臓

内臓が不調の場合にはニキビが出来やすいといわれていますが、内臓は肌の移し鏡とも言われています。ニキビの原因になるのには、ストレスや暴飲暴食などによって、内臓に何らかの負担をかけてしまったことでニキビが出来るといわれています。また、便秘とニキビも密接な関係があると言われています。内蔵が原因でニキビが出来る場合には、ニキビはほとんどの場合が口の周りに出来やすいといわれています。ですから口の周りにニキビが出来てしまったときには、内臓に負担をかけていないか、便秘ではないかなど振り返ってみるといいかもしれません。

便秘でなぜニキビが出来るのかというと、便秘になるとストレスがたまったり、体の中の活性酸素が増えることによってニキビが出来てしまいます。ですから便秘に悩んでいる人の多くがニキビにも悩んでいるといわれています。ですから便秘にならないように食物繊維を豊富に含んでいる食品を食べたり、水分を沢山摂取することによって便秘を解消してニキビが出来ないように心がけましょう。また、ニキビができるのは内臓に症状がある場合もありますから暴飲暴食をするなどして内蔵に負担をかけることも出来るだけ避けるようにして気をつけたいですね。

ニキビと顔ダニ

ニキビと顔ダニについてですが、まず顔ダニというのは、頭や毛根、皮脂腺に寄生している虫のことで、誰にでも顔ダニはいるといわれています。顔ダニは生まれたての赤ちゃん以外のほとんどの人にいるといわれていて日常的には無害です。顔ダニは皮脂の余分な物を食べてくれる働きがありますからニキビ予防にもなるのです。しかしこの顔ダニですが、ステロイド剤などを使って免疫力が弱っていたりすると、皮脂が多すぎて顔ダニがえさが多すぎるので、増殖してしまってこれによってはだが荒れてニキビになると言われています。ですから顔ダニは場合によってはニキビの原因になるのです。

皮膚科に行った場合には、ニキビが顔ダニによって出来たと診断された場合には、顔ダニ駆除のための硫黄を含んでいる軟膏などを使ってニキビ治療をする場合があります。意外と知られていない顔ダニですが、ニキビを引き起こす原因になったりしますから出来るだけ免疫力を下げないようにして、肌荒れを防ぐことが大切です。また、顔ダニが増えないように、小まめに洗顔をして顔ダニのえさになる皮脂をそのままにしておかない、化粧の落とし残しも、顔ダニの栄養になりますから、化粧の落としのこしもそのままにしておかないように気をつけたほうがいいと思います。

Copyright (C) 2007 白ニキビ. All rights reserved. ninja